2007年06月07日

新たな要因

私の網膜色素変性症の進行要因は不明ではありますが、一つ、ほぼ断定して良さそうな要因が浮上してきました。

それは、精神的なもの(ストレス)。

いままでに、何度か高いストレスがかかる状態がありましたが、そのような状態に陥ると、必ず目がやられます。非常にショックを受けた時も同じです。

その日は完全に行動ができなくなるため、暗くした部屋で寝るのみですが、回復には半日程度かかるようです。最近の傾向では、普通に目をやられた時は30分〜数時間以内ですから、明らかに治りも悪いようです。

対策としては、高いストレスがかかる状態を避ける程度しか、思いつきません。

幸いにも、精神的に立ち直る力はあるので、もしこのような状態になったら、早期の精神的安定を図るしかありません。、

困ったものですね。

・・・じゃあ、精神状態が良ければ、回復が早くなるのでしょうか、なんて疑問が出てきましたw。
posted by Emu at 07:27| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 網膜色素変性症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。