2007年09月23日

リンク許可いただけました

遮光眼鏡の製造元である東海光学さんから正式なリンク許可をいただきました。

こういう企業の「要リンク許可」って、どうも敷居が高いイメージがありまして、私もどうしようかと悩んでいたわけですがw。

■ 問い合わせ内容


私は網膜色素変性症で、しばらくまえから貴社のCCPシリーズを愛用し、HOYA社の同様のものより良い効果を発揮していることを実感しております。

目が急激にまぶしくなったときに、HOYA社の一部のレンズを入手したのですが、そのとき貴社のレンズの存在を知り、(今は公開されていないようですが)特性グラフを確認してよりよさそうなのを見て、入手する方法を調べました。

眼科医の処方が必要とのことで、とある大学病院にも行ったのですが、そこには貴社どころかHOYA社のレンズのサンプルすらなく、処方どころの話ではありませんでした(検査はすれど何もされない状態)。

今は運良く入手できて、実生活に使用させていただいているのですが、この入手困難性と情報のなさは、私のような障害を持つ人にとって、明らかに選択肢を狭めています。

そのためブログを立ち上げ、情報収集を行っているのですが、貴社のサイトがリンク許諾必要と教えられ(当時はWebページを見続けれないほど進行していたので見逃していました)、ここにお願いさしていただく次第です。

リンクもととなるブログはこちらになります。
http://heart-of-star.seesaa.net/

また、もしよろしければですが、特性グラフあわせて実感を紹介したいのですが、こちらはご無理になりますでしょうか?
同じ悩みを抱えている人にとって、一つの選択肢(と選ぶための判断材料)を追加できるというのは、とてもすばらしいことだと思っておりますので。

どうかご検討のほどよろしくお願いいたします。


解答は全部引用というわけにはいきませんので、問題ないと判断したところ(私の解釈ミスが入るとまずいので)を紹介させていただきます。


★リンク
 許可

★特性グラフ
 特性グラフ公開いただける運びとなりました。

★眼科医の処方の必要性
 現在はなくなったとのこと。

★情報の少なさ(引用)
 言われる通り遮光レンズについての情報提供がすくなくご迷惑をおかけし、申し訳ございません。電話やメールで取扱店のご質問も多く取扱店リストなども検討していますが、その掲載条件が難しいため検討中です。
 現在はお問い合わせいただいたときに最寄のカラーサンプル保有店につきましてご紹介させていただいております。

★おまけ(引用)
 ○○様には今後も遮光レンズに関するご感想・ご意見など教えていただければと思っておりますので、どうかよろしくお願い申し上げます。



■ 東海光学さんへのお礼(ここに書いてお礼とかえさせていただきます)

 予想以上に快い返答を頂けたことで、大変感謝いたしております。このような症状で困っている、多くの方への情報提供の一つとして、紹介させていただきます。

 もちろん私からの情報提供は惜しみません。遮光レンズCCPシリーズ、サイドフレーム、ヴェルジネをそれぞれ入手している私の情報は、本当の声という意味で貴重なものとなるでしょうから。

 電話でもいいですし、実際に貴社まで足を運んで、説明してもいいかと思っています(県内ですしね)。サイドフレームやヴェルジネについては、「ここが改善すればもっといいのに」という部分も実感としてあります。こういう部分が聞きたいとか、私でお役に立てることであれば、メールでお知らせください。
posted by Emu at 09:48| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遮光眼鏡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56752747
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。