2007年11月25日

遮光レンズ(症状のきつい方向け)

[概要]
網膜色素変性症や、その他の症状で、強烈に光が眩しく感じる方への、遮光レンズの案内です、

■ここで紹介する遮光レンズの種類

 目に有害と言われる紫外線をはじめ、光を過度に眩しいと感じる方の症状に対応するため、場合によっては可視光の一部(主に青色)を和らげたり、完全にカットする特殊なメガネレンズです。その特性により、レンズの色が決まります。

 ここでは、特に光がまぶしいと感じる方向けのレンズを紹介します。例えば、網膜色素変性症で、光に過敏な方向けのものです。Emuの使用したレンズについては、その感想を含み掲載します。

※注意
 以下の内容は、網膜色素変性症であるEmuの個人的な感想をもとに紹介させていただきますが、網膜色素変性症自体は症状の出方が「まちまち」であるため、ご自身のレンズ選びの参考の一つとして、最終的な判断はガンかまたは自己責任でお願いいたします。また、使用していないレンズに関しては、説明の仕様がありませんので解説はありません。

※警告
 リンクの先は、一般的に色調の明るいページです。光の影響で痙攣を起こす方は、特に注意してください。

■レンズメーカー紹介

 ここでは、2社のレンズをまとめて取り扱うため、先にレンズメーカーの紹介をしておきます。

HOYA レチネックス

 有名なレンズです。古くから扱われ、眼科からの処方がもらいやすいのも特徴です。

東海光学 CCP

 眼科医からの処方をもらうことと、価格の高さ(2〜3万高いと思ってください)を考えると敷居が高いですが、特徴的な面があります。


■軽度な方向け

 過度に眩しい方向けのレンズの中でも、どちらかと言えば軽度の方向けです。目が痙攣をおこす方は、こちらのレンズを選ぶと辛いかもしれません。

レチネックス YE

見た目がイエローのレンズです。視界は黄色味を帯びるかと思われます。青色光が多少とおりますので、色こそ全体に黄色みを帯びるものの、苦労は少ないかと思われます。CCPのLY相当と考えてよさそうです。
Emuは使用したことがありません。

CCP LY

見た目は黄色のレンズです。視界はライトイエロー、つまり黄色味がかります。青色光が多少とおりますので、色こそ全体に黄色みを帯びるものの、苦労は少ないかと思われます。レチネックスのYE相当と考えてよさそうですが、YEよりレンズの色は薄いようです。
Emuは使用したことがありません。

レチネックス YB

見た目がブラウンのレンズです。視界は茶色味を帯びるかと思われます。青色光が多少とおりますので、色こそ全体に茶色味を帯びるものの、苦労は少ないかと思われます。YEのサングラス版と表現すれば妥当かもしれません。
Emuは使用したことがありません。

CCP YG

見た目は黄色のレンズです。視界はライトグリーン、つまり黄緑味がかります。青色光が多少とおりますが、レチネックス YBより通しません。青色系の判別に多少慣れが必要かと思われますが、青色がある程度見えるはずです。
Emuは使用したことがありません。

■重度な方向け

 過度に眩しい方向けのレンズの中でも、どちらかと言えば重度の方向けです。波長500nm以下の青色光を全面的にカットしますので、全体的に不便になります。

 参考として、デジカメを通して景色を撮影した写真を貼付しているレンズがあります。デジカメの補正によって色が正格でない可能性もありますが、ご参考まで。なお、元の風景は下の画像です。

通常の視界

CCP YL

見た目は薄いオレンジのレンズです。視界はイエロー、つまり黄色になります。遮光特性によるとレチネックスOR、CCP OY相当で、色が薄いものと考えてよさそうです。
Emuが使用しているレンズです。
詳細は後日掲載します。

CCP YLの視界

レチネックス OR

見た目はオレンジのレンズです。視界はオレンジになります。遮光特性によるとCCP YL、CCP OY相当と考えてよさそうです。
Emuが使用しているレンズです。
詳細は後日掲載します。

CCP OY

見た目はオレンジのレンズです。視界はオレンジになるようです。遮光特性によるとCCP YL、CCP OY相当と考えてよさそうです。
Emuは使用したことがありません。
詳細は後日掲載します。


レチネックス RE

見た目は赤色のレンズです。視界は赤色になるようです。赤色と白色の区別が付きにくそうです。遮光特性によるとCCP RO相当と考えてよさそうですが、CCP ROよりは癖が無いと思います。
Emuは使用したことがありません。
詳細は後日掲載します。


CCP RO

見た目は赤色のレンズです。視界は赤色になります。赤色と白色の区別が付きにくいです。遮光特性によるとレチネックス RE相当と考えてよさそうですが、レチネックス REより遮光に優れ、550nm以下の光をカットし、対痙攣で優れた効果を発揮しますます。この利点は逆に致命的な問題もあります。それは、青信号がほとんど認識できないことです。青だけでなく緑もカットされるということに起因し、よく信号を見ると、極薄い緑色に見えます。
Emuが使用しているレンズです。
詳細は後日掲載します。

CCP ROの視界

CCP UG

見た目はサングラスレンズです。視界はグリーンを帯びた色になり、サングラスという印象とは別に、ある程度の明るさが確保されます。
Emuが使用しているレンズです。
詳細は後日掲載します。

CCP UGの視界

CCP BR

見た目はサングラスレンズです。
Emuは使用したことがありません。
詳細は後日掲載します。

レチネックス OB

見た目はサングラスレンズです。
Emuは使用したことがありません。
詳細は後日掲載します。
posted by Emu at 18:29| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 遮光眼鏡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
男の子も女の子もみんなこぞって大歓迎♪
Posted by スワッピング at 2009年10月21日 10:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69113009
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。